トップページ

奥池南町奥池周辺

このページの最終更新日は2014年12月31日です.


芦屋市奥池南町奥池 

奥池は芦屋市では最も大きい池です.この奥池は1860年頃に完成したようです.このすぐ南側にある大きい池は1971年4月に完成した奥山貯水池で,水道の水源になっています.どちらもあまりトンボに適した池ではありませんが,すぐ北側にある奥池北の池から飛来するトンボがあるので比較的多くのトンボが見られます.1997年以降これまでに確認した種はクロイトトンボ,オオイトトンボ,モノサシトンボ,ホソミオツネントンボ,オオアオイトトンボ, ムカシヤンマ,フタスジサナエ,オグマサナエ,ミルンヤンマ,オオルリボシヤンマ,ギンヤンマ,コヤマトンボ,オオヤマトンボ,シオカラトンボ,オオシオカラトンボ,ミヤマアカネ,ナツアカネ,アキアカネ,マユタテアカネ,リスアカネ,コノシメトンボ,ノシメトンボ,ネキトンボ,キトンボ,コシアキトンボ,ウスバキトンボ,チョウトンボの27種です.(写真:2005年6月7日撮影)

奥池北の池(西宮市)

奥池と接する奥池の北にある小池(写真:奥池北の池 1998年4月撮影)はトンボに適した環境の池です.このあたりでは夏にはクロイトトンボ,オオイトトンボ,オオルリボシヤンマ,秋にはナツアカネ,アキアカネ,マユタテアカネ,リスアカネ,コノシメトンボ,ネキトンボなどのアカネ類が見られます.1997年以降これまでにに確認した種はクロイトトンボ,オオイトトンボ,モノサシトンボ,ホソミイトトンボ,ホソミオツネントンボ,オオアオイトトンボ,フタスジサナエ,ミルンヤンマ,オオルリボシヤンマ,ギンヤンマ,オオギンヤンマ,タカネトンボ,オオヤマトンボ,シオカラトンボ,オオシオカラトンボ,ショウジョウトンボ,ナツアカネ,タイリクアカネ,アキアカネ,マユタテアカネ,リスアカネ,コノシメトンボ,ネキトンボ,コシアキトンボ,ウスバキトンボ,チョウトンボの26種です. (写真:2005年6月7日撮影)

イモリ池 付近

最近はヒメアカネが減っています. ハッチョウトンボの生息場所が立ち入り禁止(柵が出来た)になったので,ハッチョウトンボの生息のようすは不明です.

周囲の木が切られ明るくなり,よく見えるようになったイモリ池.手前は舗装道路で金網があります.芦屋市では貴重な湿地です.芦屋市の他の場所であまり見られなくなったキイトトンボ ,ヨツボシトンボが見られます.(写真:イモリ池の環境 2005年6月7日撮影)奥山貯水池からごろごろ岳までのイモリ谷で1997年以降これまでに確認した種はキイトトンボ,オオイトトンボ,アオイトトンボ,オオアオイトトンボ,カワトンボ (アサヒナカワトンボ), ムカシヤンマ,オニヤンマ,サラサヤンマ, ミルンヤンマ,ルリボシヤンマ,オオルリボシヤンマ,クロスジギンヤンマ,ギンヤンマ,エゾトンボ,タカネトンボ,ハネビロエゾトンボ,シオカラトンボ,シオヤトンボ,オオシオカラトンボ,ヨツボシトンボ,ハッチョウトンボ,ショウジョウトンボ,ミヤマアカネ,ナツアカネ,アキアカネ,ヒメアカネ,マユタテアカネ,リスアカネ,コノシメトンボ,ノシメトンボ,ネキトンボ,コシアキトンボ,ウスバキトンボハネビロトンボの34種です.(写真:2005年6月7日撮影)

ごろごろ岳北の湿地(西宮市) 

 

奥池周辺には小さな湿地が所々にありますが,奥池から東へ約500mのところにある小さな湿地は芦屋市では少なくなったハッチョウトンボが生息しています.またムカシヤンマの記録があります.1998年以降これまでに観察した種はホソミオツネントンボ,カワトンボ(アサヒナカワトンボ),ミヤマカワトンボ,ムカシヤンマ,サラサヤンマ,ルリボシヤンマ,ハラビロトンボ,シオカラトンボ,シオヤトンボ,オオシオカラトンボ,ハッチョウトンボ,ウスバキトンボとオニヤンマ,ミルンヤンマ,ネキトンボ,タカネトンボ,クロスジギンヤンマ とオオルリボシヤンマの幼虫の18種です. (写真:2005年6月7日撮影)

 

 

ELAgorogoro12269c15.jpg (10448 バイト) ごろごろ岳

標高565.6mあるところから,ごろごろ岳と呼ばれています.ここより東は西宮市で西が芦屋市です.北の方向,鷲林寺に向かう道を約700mほど行った左側(西の方向)のところに,ごろごろ岳北の湿地があり(道から少し離れています),南南西方向約750m下ると石島池があります.また南東方向に下ると西宮市の苦楽園方面に出ますアオイトトンボ,ミルンヤンマ,アキアカネ,ヒメアカネ,ネキトンボ,ウスバキトンボなどの記録があります.