トップページ

芦屋市奥山大谷

このページの最終更新日は2014年12月31日です.


芦屋市奥山黒越谷から大谷方面(標高360m〜470m付近)

 

芦有道路芦屋ゲート付近のゴルフ橋から西に向かい,芦屋カンツリークラブ入り口より少し手前から,大谷方面に向かう小道を歩いて約20分ほどで,オオルリボシヤンマなどがよく見られる溜まり水のあるところに 出ます.大谷は神戸市との境界線になっています.標高450m付近には,流れの所々が湿地や溜り水になっているところがあります.ヒルムシロなどの水生植物もあり,トンボの生息にはよい環境です.シオヤトンボ,アサヒナカワトンボ,オオシオカラトンボ,タカネトンボ,オオルリボシヤンマ,ヒメアカネ,ネキトンボ,オニヤンマの観察に良い所です.見られるトンボの数は年々少なくなっているようでここで見られたハッチョウトンボは絶滅したようです.

1997年以降これまでに確認された種はオオアオイトトンボ,アサヒナカワトンボ,オジロサナエ,オニヤンマ,ミルンヤンマ,ルリボシヤンマ,オオルリボシヤンマ,クロスジギンヤンマ,オオギンヤンマ,タカネトンボ,シオカラトンボ,シオヤトンボ,オオシオカラトンボ,ハッチョウトンボ,ナツアカネ,アキアカネ,ヒメアカネ,マイコアカネ,マユタテアカネ,リスアカネ,ネキトンボ,ウスバキトンボの22種です.

写真:芦屋市奥山大谷の入り口付近 2005年4月28日撮影

写真:流れの途中にできた溜まり水2005年4月28日撮影