トップページ

芦屋市開森橋付近

このページの最終更新日は2014年12月31日です.


芦屋川本流開森橋付近から芦屋川本流沿い標高80m付近まで

芦屋のトンボの大部分は芦屋川の水系に生息しています.ただ,芦屋川は天井川なので,下流では水が地下を流れ,雨が降った直後でなければ川の水がないことが多いのです.そのため,下流域の特に阪神電鉄より南側ではトンボは生息できないようです.水が枯れないJRより上流ではトンボも生息できます.開森橋付近では水も豊富でこの橋より上流では,流水域に生息するハグロトンボ,ミヤマカワトンボ,カワトンボ (アサヒナカワトンボ),ダビドサナエ,オジロサナエ,コオニヤンマ,コヤマトンボなどが見られます.高座川と本流のさらに芦屋川本流開森橋より上流方面700m付近で7月から8月上旬の夕方にヤブヤンマ,マルタンヤンマ,ギンヤンマ,オニヤンマ,コヤマトンボなどの黄昏飛翔が見られますが,年々住宅地が増え,もうわずかな場所になってしまいました.

1997年以降これまでに確認した種はハグロトンボ,カワトンボ (アサヒナカワトンボ),ミヤマカワトンボ,オジロサナエ,コオニヤンマ,オニヤンマ,コシボソヤンマ,ヤブヤンマ,マルタンヤンマ,オオルリボシヤンマ,ギンヤンマ,クロスジギンヤンマ,コヤマトンボ,シオカラトンボ,オオシオカラトンボ,ナツアカネ,アキアカネ,ミヤマアカネ,マユタテアカネ,コノシメトンボ,ノシメトンボ,ネキトンボ,ウスバキトンボとダビドサナエ(幼虫)の24種です.

写真:芦屋川本流開森橋付近 2006年11月21日撮影

写真:2004年5月14日撮影