トップページ

芦屋市奥山蛇谷方面

このページの最終更新日は2014年12月31日です.


芦屋市奥山芦屋ゲート付近から蛇谷(標高360m〜450m付近)

芦有道路芦屋ゲート付近から奥池方面に向かう小道沿いの芦屋川は,芦屋市では自然が残っているところで流水域にすむトンボが多いところです.ここでも個体数が徐々に減ってきました.幼虫の調査ではオジロサナエ,コヤマトンボ,コオニヤンマは比較的多く見られます.1997年以降これまでにに確認した種はハグロトンボ,ミヤマカワトンボ,アサヒナカワトンボ,オグマサナエ,ダビドサナエ,オジロサナエ,コオニヤンマ,オニヤンマ,サラサヤンマ,ミルンヤンマ,コヤマトンボ,タカネトンボ,シオカラトンボ,オオシオカラトンボ,シオヤトンボ,ミヤマアカネ,ナツアカネ,アキアカネ,コシアキトンボ,ウスバキトンボ,コシボソヤンマ(羽化殻と幼虫)の21種です.

芦屋市蛇谷上流から黒岩谷方面(標高480m〜800m付近)

蛇谷を上流に向かう谷すじでは,夏にアキアカネ,ナツアカネが多く見られまが,最近はほとんど見ることが出来ません.神戸市の住吉川上流にあたる黒岩谷の東側は芦屋市で,この谷が芦屋市では最も標高の高いところまで伸びている谷です.どちらも川底があまり安定していないので,トンボの種類はあまり多くありませんが,植物が豊富で蝶などの他の昆虫も多く見られるところです.蝶ではテングチョウが特に多いようです.野鳥も多く春から夏にかけてはオオルリ,ヤブサメ,ホトトギスなどの声が聞こえます.1997年以降これまでにに確認したトンボの種はアサヒナカワトンボ,ダビドサナエ,オニヤンマ,ミルンヤンマ,クロスジギンヤンマ,シオカラトンボ,シオヤトンボ,ネキトンボ,ナツアカネ,アキアカネ,ウスバキトンボの11種です

奥山芦屋ゲート付近の芦屋川のようす 2005年6月14日撮影 アサヒナカワトンボ♂ 2005年6月14日撮影
ミヤマカワトンボ♂ 2005年6月14日撮影 テングチョウ 2005年11月1日撮影 奥山蛇谷で多く見られます.