トップページ

芦屋市奥山石島池

このページの最終更新日は2014年12月31日です.


春の石島池.最近は水が溜まりにくくなっています.2005年4月15日撮影 ホソミオツネントンボ♂ 2005年4月15日撮影 4月ごろから池に水があれば,水辺で見られます.

芦屋のトンボ観察地の中では,観察種類数が最も多かったところですが,最近は池の水が枯れることが多く,トンボも極端に減ってしまいました.山中の小池で車では行けないので池に着くまでに時間がかかります.ごろごろ岳から柿谷方面の道を下って約20分ほどのところにあり,かつての芦屋市八幡谷野外活動センターの広場の一つの中にあります.野外活動センターはすでに廃止され建造物も撤去されています.1999年頃までは,9月上旬ころノシメトンボ,コノシメトンボ,ネキトンボ,リスアカネ,ヒメアカネ,マユタテアカネ,アキアカネなど多数のアカトンボ類の産卵活動が一度に見られた場所です.

地図では八幡谷の上流にある堰堤の水溜りが石島池となっているものがありますが,ここで取り上げた石島池はその南約500mにある小池のことです.八幡谷にある堰堤上の湿地にも比較的多くのトンボがいます.

1997年以降これまでに観察できた種ホソミイトトンボ,キイトトンボ,アジアイトトンボ,オオイトトンボ,オツネントンボ,ホソミオツネントンボ,アオイトトンボ,オオアオイトトンボ,オニヤンマ,ミルンヤンマ,カトリヤンマ,ヤブヤンマ,ルリボシヤンマ,オオルリボシヤンマ,クロスジギンヤンマ,ギンヤンマ,オオギンヤンマ,タカネトンボ,シオカラトンボ,シオヤトンボ,オオシオカラトンボ,ヨツボシトンボ,ショウジョウトンボ,ミヤマアカネ,ナツアカネ,アキアカネ,ヒメアカネ,マユタテアカネ,リスアカネ,コノシメトンボ,ノシメトンボ,ネキトンボ,コシアキトンボ,ウスバキトンボとマルタンヤンマ(幼虫)の35種ですが,見られる数は,最近極端に少なくなっています