トップページ

 

芦屋市で見た蝶数種


1970年以降,芦屋市で記録されたトンボの種類は67種ですが,蝶はトンボよりやや多くの種が確認されています.トンボの観察に出かけたときや散歩中に見かけた蝶数種の写真です. 大きさを比較するため,蝶の拡大率は同じにしてありますので,写真の大きさは不ぞろいです.


ヤブガラシの花に吸蜜にきたアオスジアゲハ

食草が公園や街路樹に植えられているクスノキやタブノキなので,市内いたるところでよく見かけます.写真左:芦屋市山芦屋町 2001/6/24撮影  写真右:タブノキの新芽に産卵された卵 若葉町中央公園 2002/5/3撮影

 

コナラの若い枝に産卵するアカシジミ

芦屋市の山地に多く,昼間から飛んでいますが,夕方にはコナラの梢で何頭も活発に飛んでいるのが目立ちます.写真:芦屋市奥山蛇谷 2001/6/18撮影

写真右はアカシジミの卵 左のコナラの小枝にあった2卵です.直径0.85mm程度です.産卵後枝のところで何度も産卵のような動作をしていましたが,卵を見ると表面に細かな毛のようなものがたくさんついていました.この毛のようなものは,コナラの枝の毛のようです.産卵後の動作は,その毛をとって卵につけているところだったようです.

 

サワヒヨドリの花で吸蜜するベニシジミ

食草はスイバやギシギシなので,どこででも見かけます.写真:芦屋市奥池南町イモリ谷 2001/9/5撮

 

イタドリの葉上で休憩するミズイロオナガシジミ

食草はコナラ属(コナラ亜属,アカガシ亜属)です.5月下旬から7月ごろ時々見かけます.写真:芦屋市奥山蛇谷 2001/6/18撮影

 

キンシバイの葉上で休憩するツバメシジミ

 写真:芦屋市潮見町西浜公園 2002/5/26撮影

 

セイヨウタンポポの花で吸蜜するウラナミシジミ

食草はマメ科植物の花や実をです.暖地性の蝶で,世代を繰り返し北上し,秋に多数見られるようになります.写真:芦屋市若葉町中央公園 2002/10/14撮影

 

ノアザミの花で吸蜜するアサギマダラ

食草はガガイモやキジョランです.ヒヨドリバナによく訪れます.芦屋市では山地で時々見かける程度です.写真:芦屋市奥山蛇谷 1998/9/19撮影

 

地面に止まるテングチョウ

食草はエノキです.芦屋市でも数が多く,よく見られます.時には芦有道路などで,多数が乱舞していることがあります.写真:芦屋市山芦屋町 2002/3/30撮影

 

鳥の糞にやってきたコチャバネセセリ

山地でよく見かけます.写真:芦屋市奥山蛇谷 2000/5/23撮影

 

ウツボグサの花で吸蜜するヒメキマダラセセリ

山地の渓流沿いで見かけます.写真:芦屋市奥山蛇谷 2001/6/18撮影

 

フジウツギの花で吸蜜するイチモンジセセリ

夏から秋にかけて多く見られます.写真:芦屋市奥山蛇谷 1998/8/11撮影