元のページに戻る    トップページ

ヤマサナエ

サナエトンボ科  
ヤマサナエ  Asiagomphus melaenops (Selys)

成虫の大きさ6.3cmから6.9cm.羽化殻3.5cmから3.8cm.黒色に黄色の斑紋のある大型のサナエトンボです.よく似た種にキイロサナエがいます.幼虫は平地や低山地の河川や水路などに生息しています.近畿地方の成虫出現期は4月下旬から8月上旬です.最近は少なくなってきているようです.芦屋市では2回しか記録がありません.2回とも西  隆広さんの記録で1988年6月5日と7月10日で場所は芦屋市の高座川です.幼虫は芦屋市奥山石島池近くの川で2000年に確認しましたが,その後は何回か観察に行きましたが確認できていません.
ヤマサナエ♂ 2009年6月9日撮影 兵庫県加東市 ヤマサナエ♀ 2009 年6月9日撮影 兵庫県加東市
ヤマサナエ♂ ヤマサナエ♀