元のページに戻る    トップページ

ウスバキトンボ

トンボ科  
ウスバキトンボ Pantala flavescens (Fabricius)

成虫の大きさ4.4cmから5.4cm.羽化殻の大きさ2.5cmから2.7cm.盛夏のころ,空き地や川の上を群飛している黄色からオレンジ色のトンボです.近畿地方では幼虫が冬を越すことができず,毎年南から移動してくるトンボです.幼虫にの成長が速いので春に移動してきた成虫が産卵した卵から孵化した幼虫は夏には羽化します.近畿地方の成虫出現期は4月中旬から11月中旬です.芦屋市では一番多く見られるトンボで,7月から9月には市内どこでも観察できます.
ウスバキトンボ♂ 2010年10月7日撮影 芦屋市南浜町親水中央公園 ウスバキトンボ♀ 1998年7月30日撮影 芦屋市奥山石島池
ウスバキトンボ♂ ウスバキトンボ♀