元のページに戻る    トップページ

トラフトンボ

エゾトンボ科  
トラフトンボ Epitheca marginata (Selys)

成虫の大きさ5.0cmから5.8cm.羽化殻の大きさ2.3cmから2.6cm.他のエゾトンボ科のような金緑色ではなく橙褐色と黒の虎斑(とらふ)模様のあるトンボです.幼虫は主としてヒシなどの水生植物の多い池に生息します.近畿地方の成虫出現期は4月上旬から6月中旬です.羽化直後は池からやや離れた空間で摂食飛翔をします.4月下旬頃から池の上をパトロールしている♂をよく見かけます.芦屋市の記録は西 隆広さんの1回の記録だけです.(1990年6月3日東お多福山山麓).羽化直後に比較的遠くまで移動するので,5月ごろ見る機会があるかもしれません.
トラフトンボ♂ 1998年5月4日撮影 兵庫県加西市  羽化中のトラフトンボ♀1996年4月28日撮影 兵庫県小野市
トラフトンボ♂ トラフトンボ♀