元のページに戻る    トップページ

タイワンウチワヤンマ

サナエトンボ科  
タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax (Selys)

成虫の大きさ7.3cmから7.7cm.羽化殻約3.0cm.ウチワヤンマに似ていますがやや小さく,腹部第8節のうちわ状の広がりが小さいのでウチワヤンマと見分けられます.近畿地方の成虫出現期は6月中旬から10月中旬です.この種は分布を北に広げている種で,神戸市,西宮市,大阪市などですでに確認されていたので,芦屋市でも確認されると思っていましたが,1998年8月13日に芦屋市潮見町西浜公園で1♂が確認できました.その後は芦屋市岩園町仲ノ池,芦屋市総合公園,芦屋市南浜町親水中央公園などで確認できています.
タイワンウチワヤンマ♂ 2009年8月4日撮影 芦屋市潮見町西浜公園 タイワンウチワヤンマ♂  2011年8月29日撮影 芦屋市南浜町親水中央公園
タイワンウチワヤンマ♂ タイワンウチワヤンマ♂