元のページに戻る    トップページ

タイリクアキアカネ

トンボ科  
タイリクアキアカネ Sympetrum depressius culum (Selys)

成虫の大きさ3.1cmから4.2cm,羽化殻の大きさ1.5cm.大陸からの飛来種と考えられ,毎年少数が主として秋に日本海側で観察されています.アキアカネよりやや小さい個体が多いようです.近畿地方では10月下旬から11月下旬にかけて記録があります.芦屋市では若葉町中央公園での1♀の記録と芦屋市潮見町西浜公園の1♂の記録があります.
タイリクアキアカネ♂ 2003年10月2日撮影 芦屋市潮見町西浜公園 芦屋市若葉町で採集したタイリクアキアカネ♀ 2002年10月10日撮影
タイリクアキアカネ♂ タイリクアキアカネ♀