元のページに戻る    トップページ

サラサヤンマ

ヤンマ科  
サラサヤンマ  Sarasaechna pryeri (Martin)

成虫の大きさ5.8cmから6.8cm.羽化殻の大きさ約2.8cmから3.4cm.丘陵地などのハンノキなどが生育する湿地などに生息しています.ヤンマとしては小型です.近畿地方の成虫出現期は4月下旬から7月中旬です.芦屋市の記録は1999年6月5日に芦屋市奥池南町イモリ谷の湿地でホバリングしている1♂の目撃記録,6月に蛇谷の1♂の記録,2006年5月に奥池南町イモリ谷での群飛の記録のみです.
捕まえて確認したサラサヤンマの若い♂ 2006年5月24日撮影 芦屋市奥池南町イモリ谷  1999年6月8日撮影 ごろごろ岳北湿地(西宮市)
サラサヤンマ♂ サラサヤンマ♀