元のページに戻る    トップページ

オツネントンボ

アオイトトンボ科  
オツネントンボ  Sympecma paedisca (Brauer)

成虫の大きさ3.7cmから4.1cm.羽化殻の大きさ約2.6cm.成虫で越冬するトンボです.北日本に多いトンボで近畿地方ではそれほど多くありません.近畿地方の成虫出現期はほぼ1年中です.産卵期の3月下旬から5月まで池周辺でよく観察できます.芦屋市では少ないですが,年によっては多く見られるときもあります.芦屋市総合公園のビオトープ池や芦屋市潮見町西浜公園で見られます.
オツネントンボ♂ 2011年4月18日撮影 芦屋市潮見町西浜公園   オツネントンボ♀2008年4月25日撮影 芦屋市総合公園
オツネントンボ♂ オツネントンボ♀