元のページに戻る    トップページ

オオギンヤンマ

ヤンマ科  
オオギンヤンマ Anax guttatus (Burmeister)

成虫の大きさ8.2cmから9.3cm.羽化殻の大きさ5.0cmから5.2cm.南方から飛来すると思われる種です.飛んでいるときはギンヤンマより少し黒っぽく,腹部が長く,また腹部の青色が濃く,斑紋が異なることで確認できます.近畿地方では5月から11月に記録があります.芦屋市では台風通過の翌日の1998年9月23日に潮見町西浜公園と若葉町中央公園で1♂ずつが見られました.その後、奥山石島池、奥山大谷、奥池北の池(西宮市)、横ノ池雌池(神戸市)でも観察できました.
オオギンヤンマ♂1998年10月5日撮影 奥池北の池(西宮市) 産卵しているオオルリボシヤンマ♀の上でホバリングしているオオギンヤンマ♂  1998年10月5日撮影 芦屋市奥山大谷
オオギンヤンマ♂ オオギンヤンマ♂