元のページに戻る    トップページ

オニヤンマ

オニヤンマ科
オニヤンマ  Anotogaster sieboldii (Selys)

成虫の大きさ9.0cmから11.4cm.羽化殻の大きさ4.9cmから5.4cm.日本産のトンボの中で最大の種です.近畿地方の成虫出現期は6月上旬から10月下旬です.7月,8月が最盛期で各地で普通に見られます.芦屋市でも普通に見られます.7,8月ごろ奥山黒越谷や奥山蛇谷あたりの路上をゆっくり飛んでいます.また芦有道路などでは羽化したばかりの個体が道路上を群飛していることがあります.幼虫は平地,丘陵地,低山地の小さな流れ,湿地,滞水など広範囲な水域に生息しています.

オニヤンマ♂ 1998年7月30日撮影 芦屋市奥山石島池 産卵中のオニヤンマ♀ 1998 年8月28日撮影 芦屋市奥山石島池
オニヤンマ♂ オニヤンマ♀