元のページに戻る    トップページ

オグマサナエ

サナエトンボ科  
オグマサナエ Trigomphus ogumai Asahina

成虫の大きさ約4.3cmから5.0cm.羽化殻約2.2cmから3.0cm.幼虫は水生植物の多い池や沼などに生息します.春早く出現する小型のサナエトンボです.最近は生息場所が少なくなってきたため減っています.近畿地方の成虫出現期は4月上旬から6月中旬です.芦屋市では2回しか記録がありません.1回目は西  隆広さんの記録で1984年5月12日芦屋川上流です.2回目は私が今年1998年5月20日に芦屋市奥山蛇谷で観察しました.
オグマサナエ♂ 1998年5月20日撮影 芦屋市奥山蛇谷  オグマサナエ♂ 1998年5月20日撮影 芦屋市奥山蛇谷
オグマサナエ♂ オグマサナエ♂