元のページに戻る    トップページ

ノシメトンボ

トンボ科  
ノシメトンボ Sympetrum infuscatum (Selys)

成虫の大きさ4.0cmから5.0cm.羽化殻の大きさ1.7cmから1.9cm.はねの先が黒褐色のアカトンボの中では一番大きいトンボです.雄もそれほど赤くならず黒っぽく見えます.近畿地方の成虫出現期は6月上旬から11月下旬です.芦屋市では見られる個体数が減ってきて,9月,10月頃に時々見られる程度です.
ノシメトンボ♂2006年9月15日撮影 芦屋市総合公園 単独 産卵中ノシメトンボ♀ 1997年9月9日撮影 芦屋市奥山石島池
ノシメトンボ♂ ノシメトンボ♀」