元のページに戻る    トップページ

ナツアカネ

トンボ科  
ナツアカネ Sympetrum darwinianum (Selys)

成虫の大きさ3.3cmから4.1cm.羽化殻の大きさ1.5cmから1.6cm.アキアカネとともにアカトンボとして親しまれているアキアカネより少し小さいトンボです.成熟すると雄は頭部から腹部まで赤くなります.近畿地方の成虫出現期は6月下旬から11月下旬です.芦屋市では2000年ごろまでは普通に見られ、7月、8月ごろ奥山蛇谷あたりでは未熟の個体がアキアカネと共に多数観察できましたが,最近は数が激減してほとんど見られなくなっています.
ナツアカネ♂ 2011年10月29日撮影 芦屋市総合公園 若いナツアカネ♂ 1997年7月30日撮影 芦屋市奥山大谷
ナツアカネ♂ ナツアカネ