元のページに戻る    トップページ

ムカシヤンマ

ムカシヤンマ科  
ムカシヤンマ  Tanypteryx pryeri (Selys)

成虫の大きさ約6.3cmから7.2cm.羽化殻の大きさ約3.5cm.近畿地方の成虫出現期は4月下旬から8月上旬です.5月から7月が最盛期です.動きがゆるやかでよく日当りのよい場所に止まっています.他のトンボにはあまり見られない体色、斑紋をしています.幼虫は低山地の水がしみ出すような湿った斜面や,コケの下などに穴を掘ってすんでいます.近畿地方では全域に分布していますが,数はあまり多くありません.生息地も減ってきているようです.
日本に生息するムカシヤンマ科はムカシヤンマ属のムカシヤンマ1種です.芦屋市では過去に記録があります.(1966年芦屋市高座の滝など) 最近は2002年に芦屋市に近い西宮市ごろごろ岳北湿地で観察したのに続いて,芦屋市奥池南町奥池で1度見ました.芦屋市ではほとんど見られなかったのですが,2006年に芦屋市奥池南町奥池付近で2頭の♂を見ました.
羽化直後のムカシヤンマ♂ 2002年5月21日撮影 西宮市ごろごろ岳北湿地(芦屋市のすぐ近く)  ムカシヤンマ♂ 2006年6月14日撮影 芦屋市奥池南町奥池
ムカシヤンマ ムカシヤンマ♂