元のページに戻る    トップページ

モノサシトンボ

モノサシトンボ科  
モノサシトンボ Copera annulata (Selys)

成虫の大きさ約3.8cmから5.1cm.羽化殻の大きさ2.5cmから2.7cm.腹部のうすい色の部分ががものさしのめもりのように見えます.近畿地方の成虫出現期は4月下旬から10月上旬です.幼虫は周囲に木が茂っているやや薄暗い池やゆるやかな流れの流水にも生息していますが,徐々に生息数や生息箇所が減少しています.芦屋市では奥池南町奥池,岩園町仲ノ池,岩園町とうろう池,芦屋川などに生息しています.5月から8月に岩園町仲ノ池で観察できます.
モノサシトンボ♂ 2000年7月7日撮影 芦屋市奥池南町奥池  モノサシトンボ♀ 2004年5月14日撮影 芦屋市岩園町仲ノ池
モノサシトンボ♂ モノサシトンボ♀