元のページに戻る    トップページ

マルタンヤンマ

ヤンマ科  
マルタンヤンマ Anaciaeschna martini (Selys)

成虫の大きさ7.3cmから8.2cm.羽化殻の大きさ3.8cmから4.1cm.雄は成熟すると複眼,斑紋が青色になります.個体数の少ない種です,近畿地方の成虫出現期は6月上旬から10月中旬です.7,8月が最盛期です.芦屋市では2000年頃までは芦屋川沿いの山芦屋町あたりで黄昏飛翔(たそがれひしょう)をしているのを比較的多く見かけましたが,徐々に個体数が減っています.ここ数年は芦屋市総合公園に産卵きている♀を見ています.
産卵中のマルタンヤンマ♀ 2005年8月3日撮影 芦屋市総合公園  産卵中のマルタンヤンマ♀ 1978年8月5日撮影 芦屋市西蔵町(以前に私が住んでいた自宅の庭の小池ですが今はありません)
マルタンヤンマ♀ マルタンヤンマ♀