元のページに戻る    トップページ

コヤマトンボ

エゾトンボ科  
コヤマトンボ Macromia amphigena amphigena Selys

成虫の大きさ約7.0cmから8.0cm.羽化殻の大きさ2.7cmから3.0cm.金属光沢のある黒緑色に黄色の斑紋のあるやや大型のトンボです.幼虫は河川に生息しています.近畿地方の成虫出現期は4月下旬から9月下旬です.5,6月が最盛期です.芦屋市では高座川,開森橋付近,奥山大谷,奥山ゴルフ橋上流芦屋川,奥池南町奥池で成虫を確認しました.幼虫は芦屋川本流開森橋付近,、奥山ゴルフ橋上流あたりに比較的多く見つかります.
コヤマトンボ♂ 1998年6月29日撮影 芦屋市高座川 羽化中のコヤマトンボ♀1998年5月10日撮影 兵庫県三田市
コヤマトンボ♂ コヤマトンボ♀