元のページに戻る    トップページ

フタスジサナエ

サナエトンボ科  
フタスジサナエ Trigomphus interruptus (Selys)

成虫の大きさ約4.3cmから4.8cm.羽化殻約2.4cmから2.7cm.幼虫は水生植物の多い池や沼などに生息します.近畿地方ではタベサナエより少し遅れて現れる小型のサナエトンボです.最近はだんだん減ってきています。近畿地方の成虫出現期は4月中旬から7月上旬です.芦屋市では1969年以降1999年まで記録がなかったのですが1999年5月20日に芦屋市奥池南町奥池で数頭見ました.発生地は奥池に接する奥池北の池(西宮市)と思われます.この池でもこれまで見ていなかったのですが池の周囲の木の葉の上にいる数頭を同じ日に見ました.2000年には岩園町とうろう池で1♂確認しました.芦屋に隣接するロックガーデン北の横ノ池
(神戸市)には比較的多くの個体が生息しています.
羽化直後のフタスジサナエ♂2005年4月28日撮影 横ノ池雄池(神戸市) 羽化中のフタスジサナエ♂  2005年4月28日撮影 横ノ池雄池(神戸市)
フタスジサナエ♂ フタスジサナエ♂