元のページに戻る    トップページ

ハッチョウトンボ

トンボ科  
ハッチョウトンボ   Nannophya pygmaea Rambur

成虫の大きさ1.8cmから2.2cm.羽化殻の大きさ0.8cmから0.9cm.一番小さいトンボです.成熟した雄はあざやかな赤色で雌は黄色や橙色の斑紋があります.近畿地方の成虫出現期は5月中旬から10月中旬です.6,7月が最盛期です.芦屋市では,奥池周辺の湿地に,ごく少数が生息しているとおもわれます.2005年までは少数を確認しています.現在は生息地には入れないようになっていますので,現況は不明です.かつては芦屋市奥山大谷にも生息していましたが最近は確認できていません.ごろごろ岳北湿地(西宮市)には生息しています.
ハッチョウトンボ♂ 2003年7月29日撮影 芦屋市奥池南町イモリ谷  ハッチョウトンボ♀ 2003年7月29日撮影 芦屋市奥池南町イモリ谷
ハッチョウトンボ♂ ハッチョウトンボ♀