元のページに戻る    トップページ

ハネビロエゾトンボ

エゾトンボ科  
ハネビロエゾトンボ Somatochlora clavata Oguma

成虫の大きさ5.7cmから7.0cm.羽化殻の大きさ約2.4cm.全身金属光沢のある金緑色をしています.雌と若い雄には胸部側面に黄色の斑紋がありますがエゾトンボと異なり腹部に黄色斑が見られません.幼虫は丘陵地や低山地のゆるやかな細流に生息しています.近畿地方の成虫出現期は6月上旬から10月中旬です.これまでの芦屋市の記録はごく少ないですが,時々目撃されています.
捕まえて確認したハネビロエゾトンボ♀ 2004年9月9日撮影 芦屋市奥池南町イモリ谷産  ハネビロエゾトンボ♂ 1998年8月1日撮影 兵庫県加西市
ハネビロエゾトンボ♀ ハネビロエゾトンボ♂