元のページに戻る    トップページ

アサヒナカワトンボ

カワトンボ科  
アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa Selys

成虫の大きさ4.2cmから5.7cm.羽化殻の大きさ2.4cmから3.0cm.アサヒナカワトンボには,はねの色が橙色(橙色翅型)になるものなどいくつかの型があります.近畿地方の成虫出現期は4月中旬から8月中旬です.芦屋市では,はねが無色(無色翅型)のものばかりですが普通に見られます.芦屋川本流,支流の渓流や細流に生息しており,5月から7月に芦屋市高座川や奥山蛇谷などで観察できます.幼虫は岸の水草や水中にのびた木の根,流れの途中にたまった落ち葉や枝につかまっています.
アサヒナカワトンボ♂ 2010年6月3日撮影 芦屋市奥池南町奥池付近  産卵中のアサヒナカワトンボ♀ 2004年5月26日撮影 兵庫県芦屋市奥山蛇谷
アサヒナカワトンボ♂ アサヒナカワトンボ