トップページ

芦屋市若葉町中央公園(ビオトープ)

このページの最終更新日は2009年12月17日です.


2009年も池としての利用は休止されたままです.

写真下:池の様子 2007年1月18日撮影

2009年も水がなかったため,トンボはほとんど見られませんでした.

 

2006年に若葉町中央公園の池(若葉池)で見たトンボ

アオモンイトトンボ,,クロスジギンヤンマ,オオシオカラトンボ,ショウジョウトンボ,コシアキトンボ,ウスバキトンボ,マユタテアカネ,リスアカネ

2006年の状況 昨年に引き続き,見られたトンボの種類は 特に少なかったのですが,これは池の状態によると考えられます.池の植物の成長が速く,すぐに開けた水面が少なくなり,池が陸地化しています.

この池で見たトンボの種類数の変化
  1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
種類数 19 22 20 12 17 15 13 7 8

 

芦屋市の芦屋浜地域には公園の池が2つあるだけでトンボにとっては貴重な池です。 ビオトープ化をして,2年ぐらいは適度の水草があり,トンボの数も増えましたが,現在では 植物が茂りすぎ,水面が少なくなり,陸地化したため,見られるトンボの種類数は減ってきています.2005年10月撮影

2004年に若葉町中央公園で見たトンボ

アジアイトトンボ,アオモンイトトンボ,クロイトトンボ,キイトトンボ,クロスジギンヤンマ,シオカラトンボ,ショウジョウトンボ,ヨツボシトンボ,オオシオカラトンボ,コシアキトンボ,ウスバキトンボ ,チョウトンボ,リスアカネ

2004年の状況 見られたトンボの種類は2003年より少し少なかったのですが,これは観察回数が少なかったためと思われます.池の状態は,やはり水生植物の成長が速く,すぐに開けた水面が少なくなり,一部は陸地化しています.開けた水面上好む種や明るい環境を好む種はあまり訪れないようです.それから,池の中にごみなどが捨てられ,見苦しくなっていることがよくあります


2003年に若葉町中央公園で見たトンボ

キイトトンボ,アジアイトトンボ,アオモンイトトンボ, クロイトトンボ,オオアオイトトンボ.ギンヤンマ,シオカラトンボ,オオシオカラトンボ,ヨツボシトンボ,ショウジョウトンボ,リスアカネ,ネキトンボ,コシアキトンボ,ウスバキトンボ,チョウトンボ

2003年の状況 2003年は例年見られるクロスジギンヤンマとアキアカネが見られませんでした.2003年はアキアカネが特に少なかったのですが,南芦屋浜で少数が見られました.池の水草が茂るのが速く,水面が少なくなり,開けた水面を好む種はあまり来なかったようです.


 1999年春から樋口池グループの人たちによって中央公園の池がビオトープを目指して改善されました。

(元の実験池の樋口池が区画整理のためなくなり,その代わりとして中央公園の池がビオトープ化されることになったということです.)

主な改善点

底の泥を取り,池とその周囲全体に約20cmの深さの砂利、砂を入れ,多くの部分で陸から水に入る傾斜が緩やかになった.

水生植物(沈水植物,浮葉植物,抽水植物ともに含む)のオオカナダモ,マツモ,ヒルムシロ,スイレン,マコモ,ヨシ,ガマ,その他など)を池のつりあいがとれる程度入れた.魚類はメダカのみ多数入れられた.

水の補充は自然に減っていく量を補う程度で循環はしていない.

 

1999年9月23日撮影  ビオトープ化の後のようす 岸が浅くまわりに植物が多く生育し,自然の池のようすをしてきました. ビオトープ化の前のようす 1998年10月19日撮影 1998年までは一部にガマが生育していましたがあとは落ち葉と泥が底にたまった池でした.それでも秋にはアカネ属(アカトンボ)などでにぎわっていました.
1999年5月3日撮影 池の水の一部を残しあとは泥を取り,そのあとに砂をいれているようす. 1998年5月8日撮影 大体の形が完成し少し水を入れたところ.水は自然に減っていく分を補充する程度.


1997年〜2008年に,この池で見たトンボの種類

キイトトンボ,アジアイトトンボ,アオモンイトトンボ,クロイトトンボ,ムスジイトトンボ,モノサシトンボ,アオイトトンボ,オオアオイトトンボ,クロスジギンヤンマ,ギンヤンマ,オオギンヤンマ,シオカラトンボ,オオシオカラトンボ,ヨツボシトンボ,ショウジョウトンボ,タイリクアカネ,ナツアカネ,アキアカネ,タイリクアキアカネ,マユタテアカネ,リスアカネ,ネキトンボ,コシアキトンボ,ウスバキトンボ,チョウトンボ ,の25種類です.


 

アオモンイトトンボ  この中央公園でもっとも普通に見られるイトトンボです.♀には♂と同じような色と斑紋のある同色型と,若いときに赤色が目立つ,異色型の2型があります.写真の♀は異色型です. ギンヤンマ  芦屋市でも,もっとも普通に見られるヤンマです.よく♂と♀がつながって産卵しているのを見ますが写真のように単独で産卵していることもあります.

 

キイトトンボ  全身黄色い色をした良く目立つイトトンボです. タイリクアカネ アキアカネに似ていますが斑紋のようすがすこし違います.10月から11月にかけて芦屋市ではよく見られるトンボです.

 

ヨツボシトンボ  この池では2000年に初めて見たトンボです.芦屋市では奥池南町イモリ谷で見られますが,他では見られないトンボです.2004年,2005年はこの池では見ませんでした. チョウトンボ はねのほとんどが黒く,よく目立つトンボです.芦屋市では少いトンボです .